以前の記事で書いているトライオートETFですが、自動売買を始めたのですが、早速、修羅場が来ているようです。

EU量的緩和の出口政策、融引き締めに言及したことと、米ISM製造業景況指数が良かったことで、アメリカの利上げが近づいたと言うことで、リスクオンになったようです。

もちろん、ドル円も円が売られて円安になっております。

リスクオンになるとは、利子を生まないので、売られますよね。
ETFは、米国の市場が開いている時間しか売買が出来ないので、マーケットが開くときに窓が空きやすいですよ。(ローソク足が飛ぶこと)
これが、為替FXとは、違いますね。

自動売買だと、窓が空いて、ポジション建玉)を一気に取ろうとするのが、ちょっと、危険な感じがしますね。

証拠金維持率(担保の維持率)もちょっと危険な状況ですが、引き続き研究しております(ΦдΦ)

2016-10-05 (1) 金 チャート

トライオート